So-net無料ブログ作成
 

坂上みき ダウン症 [坂上みき]

2013-02-20_142542.png

テレビ新潟のアナウンサーで入社し現在はフリーのアナウンサーと
して活躍している坂上みきさん。
2006年医には、一回りも違うニュージーランドの方と目出度く
ゴールインしました。




そして、なんと53歳という年齢で、初産となる出産を経験し、
男の子が誕生したことで話題を呼びましたよね。
しかし、一方で、その男の子がダウン症なのではという噂も
広がっているようです。

それもそのはずです。事実関係はちょっと置いておいて、53歳で
出産するとういうことは、完全な高齢出産で、様々なリスクを
伴います。


ダウン症に限らず、様々な問題があるのは事実です。
現に統計では、ダウン症の子供が生まれ確率は、40代でなんと
1/22のようですからね。
22人に1人はダウン症の子供が生まれるということですから、
相当な確率です。しかもこれは40代ですから、53歳の坂上みきさん
はいったいどんな確率なんでしょうか?


ただ、50歳ともなればだんだんと閉経される方も出てくるでしょう
から、出産する人そのものが減少しますけどね。
なかなか50歳を過ぎて出産しようとする人なんて、いないですよね。
自分の母親が53歳で妊娠したとかいったらちょっと気持ち悪い
ですしね。


そんなことで、自然と坂上みきさんの子供がダウン症なのでは?
という噂が広がってしまったんでしょうね。
ただ、これは事実ではないと思いますね。正式に坂上みきさんから、
子供さんについての発表があったわけでもなく、ただ誰かが言い
出した噂にすぎないと思いますね。


確率はすごいですが、逆にかんがえれば、21/22は問題無く生まれ
てくるわけですからね。
最近は、男女共に結婚する年齢が遅くなり30代に入っての出産は、もう当たり前の世の中です。


ひと昔前は20代で子供を生み終わる人だって結構いたように思い
ますけどね。
それだけに、最近は子供の数も少なくなり、一生のうちに、一人
しか子供を生まない人も増えてきていますからね。


さすがに、坂上みきさんが二人目とか産んだら度肝を抜くかも
しれませんが、まあそれはほぼ無いでしょうね。
現代は医療も進化し続けていますから、出産前から、胎児に問題が
ないか、検査することもできるようになりました。


ただ、分かってしまうと子供を堕ろす人も少なからずいるはずです。
このあたりが道徳的に難しい問題になってきますよね。
出産前に検査を受けるのか?受けないのか?また、万が一ダウン症
など、それ以外の病を抱えていたとしたら、出産するのか?しない
のか?
皆さんならどうしますか?

共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。