So-net無料ブログ作成
 

石田純一 東尾理子 ダウン症 確立 [東尾理子]

2013-02-16_143056.png

東尾理子さんですが、TBS「金スマ」で高齢出産をドキュメントで
放送して大反響を巻き起こしましたね。
その裏では、石田純一さん東尾理子さん夫妻に生まれる子供が「ダウン症 」 の
可能性があり、その確立までもが注目荒れていたのです。


最近、高齢出産の出生前診断が注目されていますね。 

この修正前診断ですが、妊婦さんの血液から胎児のダウン症などの
三つの染色体異常がほぼ確実に分かるという画期的な出生前診断
始まるということなのです。


妊娠後の十週からこの検査を実施することが可能のようで、
三十五歳以上のいわゆる高齢妊婦とよばれる方たちが対象とされて
います。


かりに、胎児がダウン症の場合、99・1%の精度で検出される
ということのようです。すごい制度です。しかも従来の検査と違い
妊娠初期に採血だけで診断できるため、中絶という「命の選別」と
いう倫理的な観点からの問題が取り立たされているようです。


そんな出生前検査の流れに高齢出産の妊婦さんは揺れ動いている
とは思いますが、そんな状況なので東尾理子さんの高齢出産を
メディアで放送したということは実は、深い意味があったことを
最近感じています。


少し東尾理子さんの出産について振り返ってみます。


東尾理子さんの出産は大変で5時間もかかったとテレビで言って
いたようですが、初産で5時間ってあまり大変ではないというのが
ユーザーの意見で出ていました。

関連記事

≫≫≫石田純一 東尾理子 ダウン症 松野

≫≫≫サエコ 次男 ダウン症

≫≫≫松浦亜弥 ダウン症 

≫≫≫キムタク 子供 ダウン症 写真

たしかに大変な様子はみてとれたと思いますが、意外に安産に思え
ましたし無痛分娩で、しかもセレブ病院のようで、個室で医師に
看護士が何人も付いていましたし、いきむ回数も細かく分けられて
いて笑みさえありましたし、普通分娩なら産んだ後は、出産後は
もっと酸欠になりグッタリするみたいです。


石田純一が深刻な顔をして、難産で呼吸も云々と言ってたのですが、
酸素マスクをするのは普通のことで、お産に立ち会うのが初めて
だったのでしょうか?


出産前には、82分の1の確率でダウン症の疑いがあると診断され
ていて、そのことをブログで公表して反響が大きかったようですが、
生まれた赤ちゃんは、みる限りではお母さんの手をしっかり握って
いましたし、顔つきがダウン症の特徴的な顔つきではないようで
した。


あれから時間が経過しましたが、ダウン症の話題はありませんので、
健常児であったということでしょう。


日本においては新生児約1000人に1人の割合で、「ダウン症」は
出生していると言われているみたいですが、正確には700~800人に
1人という割合となるようです。


さらに母親の年齢が高ければ高いほど、その発生頻度も高くなる
という特徴があり、

○20歳で1667分の1
○30歳で952分の1
○35歳で378分の1
○40歳で106分の1
○45歳で 30分の1

とういう統計が取られているようです。


その他、「ダウン症」以外でも染色体の異常が認められる赤ちゃん
が生まれる確率は、

○20歳では526分の1
○30歳では385分の1
○35歳では192分の1
○40歳では66分の1
○45歳では21分の1

になるということです。

いずれにせよ、高齢出産と染色体の異常が認められる赤ちゃんが
生まれる確率は密接な関係があるということですので、高齢出産が
増えている現状では、妊婦さんは情報を知り安全に出産が行える
ように準備をしなければならないということでしょうか?


共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。